動画による賃貸借部屋内覧及びインターネットを通じて行う重要事項説明業務開始のご案内

動画による賃貸借部屋内覧サービス及びインターネットを通じて行う重要事項説明・契約業務開始のご案内

弊社では動画による賃貸借物件の部屋内覧サービス及びインターネットを通じて行う重要事項説明業務(ビデオ通話で重要事項説明を受けられる「IT重説(ITを活用した重要事項説明)」)を行う事といたしましたのでご案内いたします。

これまで、賃貸物件を契約する際は、宅地建物取引⼠から対面で重要事項説明を受けることが義務付けられておりましたが、
平成29年10月より、来店することなくインターネット上のビデオ通話で⾏なうことができるようになりました。
これにより、重要事項説明を受けるためだけに来店するには交通費がかかると言う遠⽅のお客様や、忙しくてなかなか時間がとれないと言う⽅にとっては⼤変便利なサービスになります。
ぜひ弊社のIT重説をご利⽤下さい。
※IT重説は賃貸借契約に限り、売買契約においては従来どおりの対⾯説明が必要となります。

重要事項説明とは
宅地建物取引業第35条では、宅地建物取引士が賃貸借契約の重要事項について記載した書面(重要事項説明書)を交付して、
お客様と賃貸借契約が成立するまでの間に対面で*説明することが、義務付けられております。また、
平成29年10月に、オンラインシステムを用いた非対面での『IT重税(ITを活用した重要事項説明)』も認めることが国土交通省より発表されています。
※国土交通省が発表している「賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明実施マニュアル」より。

ご契約までの流れ
来店→内覧→申し込み→入居審査→重要事項説明(ここが来店不要)→契約(こちらも来店不要、郵送契約)→ご入居

今まで来店が必要とされていた契約までの流れの⼀部が来店不要になります。
これにより、来店時の当⽇中に⼊居審査が終わらなかった場合も、
再度来店することなくお部屋の契約を完了させることが可能になります。

IT重説を受けるためには、下記いずれかの端末にアプリをインストールして頂く必要があります。

端末(デバイス)
パソコン
スマートフォン
タブレット
上記いずれもカメラ機能、音声機能(マイク機能、スピーカー(イヤホン)機能)、モニター機能が必要です。

インストールするアプリ
Skype for Business

また、動画によるお部屋内覧サービスも併せて充実させて参りますので是非ご活用ください。

株式会社日本空間占有
03-6721-9182

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です