貸別荘利用約款

弊社管理貸別荘利用約款 (高瀬ハイランド)
〈適用範囲〉
第 1 条 1. 当貸別荘が利用客との間で締結する賃貸借契約及びこれに関連する契約のうち、使用に関する細
則、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項について法令又一
般に確立された慣習によるものとします。 2. 当貸別荘が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたとき、前項の規定にかかわらず、そ の特約が優先するものとします。
〈賃貸借契約の申し込み〉
第 2 条 1. 当貸別荘に賃貸借契約の申し込みをしようとする者、次の事項を当貸別荘に申し出ていただきま す。 o (1) 申込者氏名住所、利用者全員氏名住所、団体利用の場合続柄 o (2) 開始日及び到着予定時刻、退去予定日 o (3) 居室利用希望、賃料料金 (別途、賃貸借契約書記載による。) o (4) その他当貸別荘が必要と認める事項 2. 賃貸借の申し込みをされるお客様が、前項第 2 号の退去日を超える利用の継続を申し入れた場
合、当貸別荘その申し出がなされた時点で新たな賃貸借契約の申し込みがあったものとして再
度契約を更新し継続するかどうかご回答いたします。別のお客様の申し込みがある場合継続のご
利用お断りする可能性がございます。ご了承ください。
〈賃貸借契約の成立等〉
第 3 条 1. 賃貸借契約、当貸別荘が前条の申し込みを承諾し、書面による契約の締結をしたときに成立す るものとします。 2. 賃貸借契約利用開始日より事前に、書面にて契約書を取り交わす方法によります。 3. 前項の規定により賃貸借契約が成立したとき、あらかじめ定める前賃料、敷金等を、当貸別荘が 指定する日までにお支払いいただきます。 4. 前賃料、まず、宿泊客が最終的に支払うべき賃貸借料に充当します。 5. 第 2 項の賃借料を同項の規定により当貸別荘が指定した日までにお支払いいただけない場合、 賃貸借契約その効力を失うものとします。
〈賃料の支払いを要しないこととする特約〉
第 4 条
前条第 2 項の規定にかかわらず、当貸別荘、契約の成立後同項の前賃料の支払いを要しないこと とする特約に応じる場合に必ず書面にてその旨を約します。
〈賃貸借契約締結の拒否〉
第 5 条
当貸別荘、次に掲げる場合において、賃貸借契約の締結に応じないことがあります。 • (1) 賃貸借契約の申し込み方法が、この約款に定める方法によらないとき。 • (2) 満室により居室の余裕がないとき。 • (3) 賃貸借しようとする者が、当貸別荘利用に関し、法令の規定、公の秩序若しく善良の風俗に反 する行為をするおそれがあると認められるとき。 • (4) 賃貸借しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。 o 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (平成 3 年法律第 77 号) 第 2 条第 2 号に規 定する暴力団 (以下「暴力団」という。) 、 同条第 2 条第 6 号に規定する暴力団員 (以下「暴力団 員」という。) 、暴力団準構成員又暴力団関係者その他の反社会的勢力 o 暴力団又暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき o 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの • (5) 賃貸借しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。 • (6) 賃貸借に関し暴力的要求行為が行われ、又合理的な範囲を超える負担を求められたとき。 • (7) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により賃貸借使用させることができないとき。 • (8) 賃貸借しようとする者が、泥酔等により他のお客様、近隣別荘に迷惑を及ぼすおそれのあるとき。 他のお客様、近隣別荘に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。
〈賃貸借の契約解除権〉
第 6 条 1. 賃貸借客、当貸別荘に申し出て、賃貸借契約を解除することができます。 2. 当貸別荘お客様がその責めに帰すべき事由により賃貸借契約の全部又一部を解除した場合 、別表第 2 に掲げるところにより違約金を申し受けます。 ただし、当賃貸借が第 4 条第 1 項の
特約に応じた場合にあって、その特約に応じるに当ってお客様が賃貸借契約を解除したときの違
約金支払い義務について、当貸別荘がお客様に告知したときに限ります。

  1. 当貸別荘、お客様が連絡をしないで利用開始日当日の午後 8 時 (あらかじめ連絡があった場合にお いて午後 9 時)までに鍵を受け取りに来ない場合に当貸別荘の鍵の貸し出しを翌日以降に行うも のとします。
    〈当貸別荘の契約解除権〉
    第 7 条 1. 当貸別荘、次に掲げる場合において、賃貸借契約を解除することがあります。 o (1) お客様が利用に関し、法令の規定、公の秩序若しく善良の風俗に反する行為をするおそ れがあると認められるとき、又同行為をしたと認められるとき。 o (2) お客様が次のイからハに該当すると認められるとき。
    暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又暴力団関係者その他の反社会的勢力
    暴力団又暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
    法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの o (3) お客様が伝染病者であると、明らかに認められるとき。 o (4) 利用に関し暴力的要求行為が行われ、又合理的な範囲を超える負担を求められたとき。 o (5) 天災等不可抗力に起因する事由により利用させることができないとき。 o (6) お客様が泥酔等で放歌高吟、客室への立入り等、他のお客様、近隣別荘に迷惑を及ぼす
    おそれのあると認められたときや、他のお客様、近隣別荘に著しく迷惑を及ぼす言動をしたと
    き。 o (7) 寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当貸別荘が定める利用規則 の禁止事項 (火災予防上必要なものに限る。) に従わないとき。 2. 当貸別荘が前項の規定に基づいて賃貸借契約を解除したとき、お客様がすでに支払った賃料に ついて返還いたしません。
    〈賃貸借契約に当たりお客様個人情報の登録〉
    第 8 条 1. お客様、賃貸借契約開始前に、次の事項を登録していただきます。 o (1) 利用者全員の氏名、年齢、性別、住所及び職業 o (2) 外国人にあって、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日 o (3) 出発日及び出発予定時刻 o (4) その他当貸別荘が必要と認める事項 2. お客様の賃料の支払い事前に当貸別荘の指定する口座に振り込みにてお願いいたしますが、 振り込み着金が確認できない場合、当日に鍵をお貸しできない場合がございます。ご了承ください。
    〈客室の使用時間〉
    第 9 条 1. お客様が当貸別荘の客室を使用できる期間、賃料発生日以降、賃貸借期間満了日までとしま
    す。ただし、連続して使用する場合において、契約の更新があらかじめ済んだ場合に更新後の
    賃貸借期限満了日までとします。 2. 当貸別荘、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることござい ません。
    〈利用規則の遵守〉
    第 10 条
    お客様、当貸別荘内において、この約款に従って当貸別荘が定めて貸別荘内に掲示・展示あるい
    備え付けした利用規則等に従っていただきます。
    〈営業時間〉
    第 11 条 1. 当貸別荘の主な施設等の営業時間次の通りとし、その他の附帯サービス施設等の詳しい営業 時間備え付けパンフレット、各所の掲示等でご案内いたします。 o (1)建物 24 時間利用可能
  2. 附帯サービス施設等の営業時間、事前の予告なしに変更する場合がございます。
    〈料金の支払い〉
    第 12 条 1. お客様が支払うべき賃借料等の内訳及びその算定方法、別途契約書に掲げるところによりま す。 2. 前項の賃借料金等の支払い、現金の振り込み方法により、お客様の出発の後、水道光熱費清 算等追加料金のご請求当貸別荘が請求した時、振り込み方法によって行なっていただきます。 3. 当貸別荘がお客様に客室を提供し、使用が可能になったのち、お客様が任意に利用しなかった場 合においても、賃料申し受けます。
    〈当貸別荘の責任〉
    第 13 条 1. 当貸別荘、賃貸借契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、最前の注意を尽くし契約を履 行します、当貸別荘の責任により契約の履行ができないとき、未利用期間分の賃料(日割り計 算)、敷金等をお客様に返還いたします、ただし、それが当貸別荘の責めに帰すべき事由によるも のでないとき、この限りでありません。
    〈契約した客室の提供ができないときの取扱い〉
    第 14 条 1. 当貸別荘、お客様に契約した客室を提供できないとき、お客様の了解を得て、他の宿泊施設 を斡旋するものとします。
    〈お客様所持品等の取扱い〉
    第 15 条 1. お客様が持参された物品又現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたとき、 それがいかなる理由であっても、当貸別荘その損害の責任を負いません。
    〈宿泊客の手荷物又携帯品の保管〉
    第 16 条 1. お客様の手荷物、所持品の紛失、盗難などのトラブルについて一切当貸別荘責任を負いませ ん。 2. お客様がチェックアウトしたのち、お客様の手荷物又携帯品が当貸別荘に置き忘れられていた場
    合において、その所有者が判明したとき、当貸別荘、当該所有者に連絡をするとともにその
    指示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない場合又所有者が判明しないとき、発
    見日を含め 7 日間を限度として保管し、その後最寄りの警察署に届けます。 3. 前 2 項の場合における客の手荷物又携帯品の保管についての当貸別荘の責任善良なる管 理者の注意義務とします。
    〈駐車の責任〉
    第 17 条
    お客様が当貸別荘の駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の如何にかかわらず、当貸別荘
    場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものでありません。
    〈利用客の責任〉
    第 18 条
    お客様の故意又過失により当貸別荘が損害を被ったとき、当該者当貸別荘に対し、その損害を
    賠償していただきます。
    〈約款の変更〉
    第 19 条 1. 本約款、民法上の定型約款に該当し、本約款の各条項、利用客の一般の利益に適合する場
    合また変更を必要とする相当の事由があると認められる場合に、民法の規定に基づいて変更
    します。 2. 本約款の変更、変更後の規定の内容を、当社所定のウェブサイトに掲載し、掲載の際に定める
    効力発生日から適用されるものとします。なお、本約款を変更する 場合に、変更内容等を記載
    した書面を客室内に備え置きます。
    2022 年 1 月 1 日
  3. 別表第 1 賃料料金等の算定方法
    内訳
    お客様が支払うべき額
    賃料
    ①基本賃借料
    契約書記載の通り
    家具など貸し出し料金
    ②布団貸し出し料
    契約書記載の通り
    その他
    ③水道料
    ④電気料
    ⑤ガス料
    ⑥ランドリー料
    契約書記載の通り
    備考 1. 上記に関する税ならびに消費税、税法ならびに条例が改定された場合に、その改定された規 定によるものとします。 別表第 2 違約金
    契約申込人数 契約解除の通知を受けた日
    不泊 当日 前日 2~9 日前 10~20 日前
    一般 1~4 名 100% 80% 20% - -
    団体
    5~名 100% 80% 20% 10% -
  • 100% 100% 80% 20% 10%
    注意 1. 違約金、宿泊客から契約解除の通知を受けたその日から起算します。 2. %、基本賃借料 (居室利用料) に対する違約金の比率です。但し、別途プランパッケージ、そ の公示額 (以下、パッケージ料金とする) を違約金として収受します。 3. 同一のお客様が連続して利用する契約において、第 1 日目の基本賃借料 (またパッケージ料 金) を違約金として収受します。また、契約日数が短縮された場合、その短縮日数にかかわりな く 1 日分 (初日) を違約金として収受します。 4. 団体利用者 (5 名以上) の一部について減員が生じた場合、10 日前 (10 日前以降の申込みに ついて、その申込み日) における人数の 10%以下 (端数が出た場合に切り上げる) にあたる 人数について、違約金をいただきません。 5. その他、当貸別荘が企画する宿泊パッケージまた、特定団体において、前述の規定と異なる 違約金を定めることがあります。

利用規則 (高瀬ハイランド貸別荘)
当貸別荘で、お客様に安全かつ快適にご利用いただくため、宿泊業の宿泊約款第 10 条に基づき 次の通り利用規則を定めておりますので、ご協力くださいますようお願い申し上げます。
この規則をお守りいただけない時、やむを得ずご賃貸借ならびに当貸別荘内諸施設のご利用をお
断り申し上げ、かつ当貸別荘が被った損害のご負担をいただく事もございますので、特にご留意くださ
いますようお願い申し上げます。

  1. 居室ご利用について o (1) 居室よりの避難経路図、居室入口のドアの裏側に掲示してありますのでご確認ください。 o (2) ご在室中や特にご就寝の際、必ず内鍵とドアガードをおかけください。 o (3) ドアをノックされた時、ドアガードをかけたままドアを開けるか、ドア隙間でご確認ください。 また、不審者の来訪に際して不用意に開扉なさらずに最寄りの警察署 (大町警察署 110) に ご連絡ください。 o (4) 建物内全禁煙となっております。喫煙お断りいたします。また屋外でも火災になりやすい 場所 (お庭) および山火事防止のため落ち葉の積もった場所等での喫煙お断りいたします。 o (5) 客室内および廊下で当貸別荘の許可なく暖房用炊事用等の火気、キャンドル等をご使用 にならないでください。また、客室内での調理固くお断りいたします。 (炊事用設備のある部屋 除く) o (6) ランプシェード、照明器具に衣類を掛けたり、洗濯物等を干したりしないでください。 o (7) 当貸別荘の許可なく客室を営業行為 (展示会・その他) 等ご宿泊以外の目的にご使用なさ らないでください。 o (8) 当貸別荘の許可なく客室内の備品を移動し、また客室内に造作を施し、あるい改造する
    等現状を著しく変更なさらないでください。万一備品の紛失、破損等があった際にその実費を
    弁償いただくことがあります。客室内の小物、備品客室外に持ち出さないでください。また貸
    別荘の外観を損なうようなものを窓側に置かないでください。 o (9) 当貸別荘を転貸し、また許可なく訪問客を呼び、他人に利用をさせることを禁止します。 o (10) 長期の利用をされる場合に契約書面により普通賃貸借契約を別途締結しない限り、お 客様に借家法上の借家権が発生するものでございません。 o (11)当貸別荘普通賃貸借契約を締結しない限り、お客様所有のベッド、TV、箪笥、机等の大 型家具等の搬入を固くお断りします。 o (12) 利用登録者以外のご利用固くお断りいたします。 o (13) 未成年者のみのご利用、保護者の許可がない限りお断りいたします。
  2. お部屋の鍵について o (1) ご滞在中お部屋からおでかけの際、当貸別荘の鍵を必ずお持ちになり施錠をご確認くだ さい。
    o (2) 当貸別荘内の設備等をご利用なさる場合鍵が必要な場合鍵を用いてご利用ください。 o (3) お部屋の鍵、当貸別荘出発の時必ず貸主へご返却ください。
  3. お支払等について o (1) お会計ご利用の前に当貸別荘の指定する銀行口座に前家賃を振り込みの方法でお願い いたします。また、水道光熱費のご清算利用後約 1 か月後に清算(冬季の場合暖房代を前請 求)をお願いする場合がございます。その場合、お預かりした敷金から清算を行うことも可能で
    す。なお当貸別荘が請求してもお支払いがない場合、お預かりした敷金から清算することをあら
    かじめご了承ください。 o (2) ご利用代金のお支払い、現金のみとさせていただきます。その他方法お断りいたしま す。 o (3) そのほか、予め多人数で利用されるなど水道光熱費がかかることが予想される場合事前
    に水道光熱費の前請求として、お預り金を申し受けることがございますので、あらかじめご了承
    ください。 o (4) ご利用者以外の方から料金のお支払いを受ける場合、定められた期日までにお支払い がなければ、ご利用者ご本人に直接お支払いをご請求申し上げます。 o (5) お買物代、切符代、タクシー代、郵便切手代、荷物送料等のお立替えお断りさせていただ きます。 o (6) 建物内の通信回線ご利用できません、通信お客様のご持参の携帯電話などをご利用
    下さい。なお当貸別荘山間部の別荘地にございます。樹木の葉の茂り、降雨降雪天候状況等
    により電波の利用状況が著しく悪くなる場合もございます。あらかじめご了解ください。
  4. 貴重品、お預かり品について o (1) ご滞在中の現金、有価証券、その他貴重品の保管について、お客様の個人の責任にお いて管理ください。 万一紛失、盗難等が発生した場合に当貸別荘で一切その責任を負い ません。 なお、美術品、骨董品、毛皮等の品物お預かりいたしません。当貸別荘で貸金庫
    用意していませんが、別途の事情で当貸別荘が貸金庫設備を用意した場合貸金庫のご利用
    利用期間内のみとさせていただきます。ご利用状態のまま無断で出発された時鍵の取り替
    え料金のご負担や保管料を頂戴することがあります。また金庫内の物品の紛失等についてい
    一切の責任を負いません。 o (2) ご滞在の有無に関わらず、当貸別荘で現金、貴重品、有価証券、腐敗あるい破損しや
    すいものなどお預かりいたしません。万一上記場所において現金、貴重品、有価証券、腐敗
    あるい破損しやすいものなどの紛失、盗難等が発生した場合、あるい変質が生じた場合に
    当貸別荘でその一切の責任を負いません。 o (3) 当貸別荘特段の事情のない限り、お客様の所持品等をお預かりしません。ただし、特段
    の事情によりお客様よりお預りした物品の引き渡しについて、引換証をお持ちいただいた方に
    のみお渡しいたします。引換証を紛失、盗難等原因の如何を問わずおなくしになった結果生じた
    損害につきまして、責任を負いません。また、引き渡し後の物品の紛失等について責任を
    負いません。 o (4) 当貸別荘内での遺失物の処理一定期間当貸別荘が保管し、その後遺失物法に基づい てお取扱いさせていただきます。 o (5) 特段の事情によりお預かりしたお預り物の保管期間、特にご指定のない限り下記の通り
    とさせていただきます。保管期間を経過したお預り物、お引き取りの意思がないものとして処
    理いたします。 1 ヶ月
  5. 会員のご利用について
    会員の方のご利用も、会員規約、当該約款及び利用規則に反する事実があったと認められる場合
    、会員規約により、会員資格取り消され、以後のご利用をお断りいたします。
  6. 駐車場のご利用について o (1) 駐車場内で、当貸別荘の定める事項および指示にしたがっていただきます。 o (2) 駐車中の車内に貴重品及びその他の品物を留置しないでください。駐車中における紛失、 盗難等についてその責任を負いかねます。 o (3) 当貸別荘前スペースに於ける駐車ご遠慮いただいております。駐車場をご利用ください。 o (4) 貸別荘が指定した駐車スペース以外に駐車された車、レッカーにて移動させていただきま す。なお、レッカーに要した費用、お客様に負担していただきます。 o (5) 当貸別荘による車の代行移動 (バレーサービス) 、お断りいたします。 o (6) ご宿泊中の駐車場のご利用一室一台のみ無料です。駐車場ご利用に関して契約書に て特約で利用権利を定めますのでお申しつけください。
  7. 暴力団及び暴力団員並びに公共の秩序に反するおそれのある場合について o (1) 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」 (平成 4 年 3 月 1 日施行) による指 定暴力団及び指定暴力団員等の当貸別荘の利用ご遠慮いただきます。 (ご予約後、あるい ご利用中にその事実が判明した場合に、その時点でご利用をお断りいたします。) o (2) 反社会団体及び反社会団体員 (暴力団及び過激行動団体など並びにその構成員) の当 貸別荘利用ご遠慮いただきます。 (ご予約後、あるいご利用中にその事実が判明した場合 に、その時点でご利用をお断りいたします。) o (3) 暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が認められる場合、直ちに当
    貸別荘の利用ご遠慮いただきます。又、かつて、同様な行為をされた方についてもご遠慮い
    ただきます。 o (4) 当貸別荘を利用する方が心身耗弱、薬品、飲酒による自己喪失など、ご自身の安全確保が
    困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがあると認められるとき
    、直ちにご利用をお断りいたします。
    o (5) 当貸別荘内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与えたり、
    迷惑を及ぼしたり、又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合に、直ちにご利用をお断
    りいたします。その他上記各事項に類する行為のあるとき、ご利用をお断りいたします。 o (6) 客室内を除き、建物入口に防犯カメラを設置しておりますので、あらかじめご了承ください。
  8. 貸別荘内で他のお客様、近隣の迷惑になる下記の物の持ち込み、又行為ご遠慮くださ い。 o (1) 動物、鳥等のペット類。 (補助犬除く) o (2) 火薬、揮発油、その他発火又引火性の物。 o (3) 悪臭を発する物。 o (4) 法により所持を禁じられている銃砲、刀剣、覚せい剤の類。 o (5) 賭博や風紀を乱すような行為、又他のお客様の迷惑になるような言動。 o (6) ゆかた、バスローブ、スリッパ等で当貸別荘外に出る事。 o (7) 広告、宣伝物の配布、物品の販売、勧誘等。 o (8) 当貸別荘の許可なく貸別荘内部で写真撮影をする事、及び貸別荘内で撮影した写真を営 業上の目的で使用する事。 o (9) 携帯電話のご利用について、適切でない場所での会話や大声での通話など、近隣の他の 別荘利用者等に嫌悪感、迷惑を及ぼす行為。
  9. コンピューター通信について o (1) 当貸別荘に、コンピューター通信設備ありません。 o (2) 回線を引く場合にあらかじめ当貸別荘の許可の上、回線を引くことが可能です。
  10. TV 視聴について o (1) 当貸別荘に、地上波デジタル放送の受信設備ありません。 o (2)普通賃貸借契約で長期滞在の際にアンテナを設置する場合にあらかじめ当貸別荘の許可 の上、アンテナを設置することが可能です。
    11.冬季の除雪、暖房費用、冬季の凍結防止帯常時使用について o (1) 当貸別荘長野県北アルプス山間部立地の為、冬季に利用の際に除雪が必要となりま す。利用者による除雪をお願いいたします。 o (2)前面道路の除雪高瀬ハイランド別荘地管理会社による除雪車両による除雪が行われます
    が時間が定かでないため、大量の降雪の際に除雪作業に時間がかかり、当貸別荘に出入
    する際に除雪を待つ必要がある場合がございます。ご了承ください。また大町市街地に通じる
    道路の除雪大町市の除雪車による除雪が行われますがやり時間が定かでないため、除雪
    を待つ必要がある場合がございます。ご了承ください。 o (3)積雪、路面凍結等により、当貸別荘地への出入りができない場合、当貸別荘それにより生 じた損害の一切の責任を負いません。 o (4)冬季暖房費用をお客様にあらかじめ前請求させていただいております。ご了承ください。
    o (5)冬季降雪による道路路面凍結等により、自家用車雪道に強い車種、装備が必要となり
    ます。勾配のある斜面を通行する際積雪・凍結道路用の装備のない自家用車大変危険な
    為、ご注意ください。 o (6)冬季水道管凍結防止のため、凍結防止帯を水道管に巻いております、ブレーカーを落とさ
    ないでください、ブレーカーを落とす等して万一凍結し水道管破裂等の損害が生じた場合にお
    客様の過失となり多額の修理費用が発生する可能性がございますご注意ください。 o (7)電気機器の容量オーバー利用によりブレーカーが落ちた場合、必ずブレーカーを正常位 置に戻して電気を通電させ凍結防止帯の電熱が出来ていることを確認してください。 o (8)冬季バルコニーに積雪がある場合がございます。除雪をお願いいたします。 o (9)冬季屋根に大量の積雪がある場合がございます、落雪にご注意ください。 o (10)冬季建物入口、建物内部車庫、庭、前面道路等の地面が凍結している場合がございま す。ご注意ください。
    規則の変更について o (1) この規則、民法上の定型約款に該当し、この規則の各条項、お客様の一般の利益に
    適合する場合また変更を必要とする相当の事由があると認められる場合に、民法の規定
    に基づいて変更します。 o (2) この規則の変更、変更後の規定の内容を、当社所定のウェブサイトに掲載し、掲載の際
    に定める効力発生日から適用されます。なお、本規則を変更する場合に、変更内容等を記載
    した書面を客室内に備え置きます。
    2022 年 1 月 1 日

高瀬ハイランド貸別荘 外観
■高瀬ハイランド貸別荘 設備一覧
【設備一覧】
玄関、内玄関
車庫(1 台につき居室賃貸借契約に込み)
居室 和室
バス(温泉権利利用停止中、現在利用不可、夏季シャワー可能)
トイレ(洋式)
照明
【建物設置備品・貸与道具】
電気ポット
懐中電灯緊急時用品
除雪道具
【有料にて貸し出し】
布団(事前にお申し付けください)
【その他】
その他必要事項につきましては別途お申し付けください。
2022年1月1日

Fudousan Plugin Ver.5.4.1