港区・名所案内・高野山東京別院

高野山東京別院(こうやさんとうきょうべついん)とは、東京都港区高輪三丁目に存在する寺院である。宗派は高野山真言宗。本尊は弘法大師(1703年、本堂再建の際に造顕)。境内には不動堂・修行大師・お砂踏場等があり、お遍路の受入も万全。隣に建つのは高輪警察署である。

江戸時代における高野山学侶方の江戸在番所として慶長年間(1596年~1615年)に浅草日輪寺に寄留して開創された。

明暦元年(1655年)に幕府より芝二本榎に土地が下賜され、延宝元年(1673年)高野山江戸在番所高野寺として完成した。その後元禄15年(1702年)災火により焼失したが、翌16年に復興。御府内八十八箇所の1番札所になり、白金にあった文殊院が88番の結願所になった。

明治になり在番所が廃止され、葛飾牛島の長寿寺から名蹟を移した。長寿寺推古天皇25年(617年)備後国世羅郡に勅願寺として創建され、僧・行基により信濃国深瀬(現・松本市)へ移り、寛文4年(1664年)には葛飾に移建された古刹である。

昭和2年(1927年)高野山東京別院に改称。

昭和63年(1988年)に現在の本堂が建立された。

宗派は高野山真言宗という事で、般若心経のお経も密教的な解釈をするようです。

『般若心経秘鍵』(はんにゃしんぎょう ひけん)は空海によって書かれた『般若心経』の注釈書で、『般若心経』を密教の立場で解釈した論書である。

港区の不動産は

㈱日本空間占有

03-6721-9182

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です